So-net無料ブログ作成
検索選択

オランダ所蔵絵画、北斎肉筆がと判明!西欧風 [芸術]

オランダ博物館所蔵の「作者不明」の6枚の絵画☆=葛飾北斎=☆と判明

江戸の街並みを描いた風景画
タイトルのない6枚の絵、
日本橋」「両国橋」「品川」などを題材に川や人々、橋が描かれている
空を大胆に取り入れた構図などに西洋画の特色が表れている
輪郭を黒く縁取りした後に色付けしていた当時の日本画と違い、
縁取りがない点も西洋画の影響が見て取れる

オランダのライデン国立民族学博物館で、「作者不明」として長い間所蔵されてきたこの6枚の絵、
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849)の肉筆画であることが、
同博物館の調査でわかった

西欧の水彩画の技法をまねた、北斎としては異色の絵だ

親交があったドイツ人医師シーボルトらから影響を受けた作品群とみられる

長崎市で開催中の国際学会「シーボルトコレクション会議」で22日に報告される
                       

江戸期の絵師たちの間には、外国人から絵を受注できるのは、
長崎の出島出入り絵師として認められた川原慶賀(1786~1860)だけと認識され、
ひそかに受注した場合は、落款を押さず「作者不明」として描いていたという
                          
              
6枚に落款はなく、これまで慶賀や助手らの作と考えられてきたが、
調査した同博物館シニア研究員のマティ・フォラー氏は、シーボルト直筆の目録にある
「北斎がわれわれ(欧州)のスタイルで描いたもの」などの記述から、6枚は北斎が描き、
シーボルトの手に渡った絵であることを突き止めた
フォラー氏は「新たな技法を習得しようと努めた北斎が、
シーボルトらとの交流で知った西洋風の描き方に挑んだ作品群だろう」と分析している

長崎のオランダ商館で働いていたシーボルトは1826年に江戸に上った際、
北斎らと面会したことが分かっている
同博物館には、この6枚とは別に、北斎の肉筆画と認められた11枚が伝わっている

 
~余談~
葛飾北斎ときいて芸術家肌でないわたし・・は、小布施にある北斎館を思いつきながら~
そのすぐ近くにあります こぶりな小布施栗を使用した栗おこわ~に思考が飛びまする0(^ー^)0
もう何年食べてないかなぁ (´・ω・`)ショボーン

新潟にある親戚の家へは車で行っていたわけで
小布施の栗おこわを食べたい私は・・・小布施ルートを通ってました^^v
<今は便利になって、高速道路もかなり延び、おこわはSAでも買えるようになったけれど
前は、長野の岡野で下りて・・・お猿さんこんにちわ~の山道をトットコと走ってましたもん>


だけど・・・外国人から絵を受注できるのは、
長崎の出島出入り絵師として認められた川原慶賀)だけって・・?・・

一介の町絵師、画壇に名無し
出島にいたオランダ人は出島絵師以外が描いた絵を持ち帰ることが許されていなかった
カメラのない時代、日本の風景や風俗文化、動植物、出島の生活などは絵師によって
記録されていた・・・その出島絵師のひとりが川原慶賀

慶賀(通称登与助、号慶賀、字種美)は、1786年(天明6)に長崎で生まれる
父の香山は町絵師で、蘭船、唐船が浮かぶ港を描いた作品「長崎港図」を残している
慶賀は香山から絵の手ほどきをうけ、その後、長崎で活躍していた画家の石崎融思
(いしざき ゆうし)から絵画を学んだといわれている

江戸時代、長崎の画家を記した『崎陽画家略伝』、『長崎画人伝』、『続長崎画人伝』などに、
慶賀の名はない
厳しい身分制度の時代、慶賀が一介の町絵師だったからだといわれている
正統な画家の家系の出ではなかった慶賀だが、才能に恵まれ町絵師として身を立て、
その後「出島出入絵師」となる




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート