So-net無料ブログ作成
検索選択
アジア関連 ブログトップ
前の10件 | -

米中の火種・・南シナ海で中国が米無人潜水機持ち帰り [アジア関連]

2016年12月16日、
米国防総省のクック報道官は、南シナ海の公海を調査していた米国の小型無人潜水機1機を
中国海軍の艦船が15日に奪い取ったと発表

フィリピンのスービック湾から約90キロメートル北西の海域で
米海軍の調査船が海温や塩分濃度などを調べる潜水機を海中に降ろしていたところ、
中国海軍の艦艇が近づいてこれを引き揚げ、立ち去った・・という

米側は「国際法の義務に従い、無人機を速やかに返却するよう中国に要請する」と表明
返還を求めていた

中国の軍関係者は17日、
「正体不明な装置を発見し、船舶の航行と人員の安全に危害が生じるのを防ぐため、
責任ある態度で識別調査を行った」と正当性を主張し、
潜水機を奪取したことを認め、米中は軍のルートを通じ、潜水機を返還する協議に入った模様

中国外務省は17日、日本経済新聞の取材に対し、
米中が「軍のルートを通じ、この件を適切に処理しているところだ」と回答

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報も
「軍関係者が『滞りなく解決できると信じている』と語った」と報じている

中国側は潜水機を奪った狙いや具体的にどんな調査を行ったかは明らかにしていない

 中国は南シナ海で2014年から人工島を造成して軍事拠点化を進め、
 これを認めない米国は艦艇や軍用機による監視を強めている
 今回は協議で事態が落ち着く可能性があるが、
 この海域で米中の火種がくすぶっていることを改めて示した形となった

メディアによると、無人機の価格は15万ドル(約1800万円)
無人機が集めていたのは海洋調査のデータで、機密情報ではないとしている
中国軍艦は米海軍の調査船に数日間にわたりつきまとっており、
調査船が無人機を回収しようとした際、先回りして引き揚げ、去っていったという


 ( ^^) _旦~~
 もうみんな好き放題・・・勝手放題
 なんか国が、個人規模になってきてる
 小さい小さい 
 世界を見据え 未来を見据え な~んてことは 無いよね

 
 ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は17日
 お気に入りSNS、ツイッター(Twitter)に投降して・・・

  中国が国際水域で米海軍の調査用無人潜水機を盗んだ──
  海中から無人機を乱暴に引き揚げて中国に持ち去るというunpresidentedな行為だ

  で、大注目を集めたようだ

  「前代未聞の、これまでにない」という意味の unprecedented という単語を、
  「大統領としてふさわしくない」という意味の unpresidential という
  単語に似ているが実在しない単語に書き間違えたとかで・・・
  トランプ次期大統領をネットユーザーたちは大喜びでたたきまくり、
  「Unpresidented」は瞬く間に米ツイッターのトップトレンドとなったとか

  「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの著者J・K・ローリング(J.K. Rowling)氏は
  トランプ氏のスペルミスをまねて「トランプスペルチェック──
  これまでになく(Unpresidentedly)効果的」とツイートしたとか

  特徴ある失言で知られる新人政治家トランプ氏
  
  最初のツイートから数時間後、トランプ氏はツイッターに戻り
  「われわれは中国に、彼らが盗んだ潜水機を取り戻したくはないと言ってやるべきだ
  あれはあいつらに持たせておけ!」とツイートした
  
  ということですが・・・それはそれで問題があると思いますが
  後先考えずに物を言う・・・
  訂正することを何とも思わない人のようで・・・
  体裁もへったくれも無い!?
    

中国、大気汚染悪化で工場操業停止、バーベキューも対象に? [アジア関連]

11月19日、<上海 ロイター>

新華社によると、
中国各地の地方政府は、大気汚染の悪化を受け、
屋外でのバーベキュー監視から工場の操業停止まで様々な対策を取っているという

冬季に北部の多くの都市を覆うスモッグを減らすために、
中国は長年にわたり様々な対策を実施している

新華社によると、
河北省の地方政府は、製鉄やセメント、ガラスなど7工場の操業を停止した
同省の石家荘では17日、年末まで車の利用を制限する措置が導入された

南西部の四川省の成都では、
建設現場やバーベキューを行っている場所に警官を派遣し、監視を強化した

北部の天津で119社が来年1月までの生産停止を求められたほか、
山西省太原の幼稚園や小中学校では、課外活動を控えるようアドバイスされたという


◆11月17日
 中国の北京市で、
 大気汚染の4段階のレベルで2番目に悪いとする「オレンジ色」警報が今秋初めて発令された

 微小粒子状物質(PM2・5)の濃度は一時、
 在北京米国大使館の観測で1立方メートルあたり210マイクロ・グラムを超え、
 中心部の天安門付近では観光客や雑踏警備の警官らもマスク姿が目立ったという

◆◆中国、大気汚染の責任なすり合いで対立 中央と地方専門機関◆◆

 冬に入って石炭を燃料とする集中暖房が始まり、大気汚染が目立つ中国で、
 汚染源を巡り中央政府と地方の専門家が対立する事態が起きている

 国民の関心が高い環境問題への取り組みは、仕事に対する評価に直結するだけに、
 責任の押し付け合いの側面もありそうだ

 今月初旬、北京と中国東北部沿岸、上海を含む華東地区など広い範囲で重度の汚染が発生

 遼寧省瀋陽市では一時、微小粒子状物質「PM2・5」を含む空気質指数(AQI)が500まで上昇、
 測定不能になったという

 中国紙、科技日報によると、中国環境保全省は人工衛星のデータから、
 10月下旬から今月初旬にかけ、
 麦わらなど農作物の茎を農地で燃やす野焼きが国内で計756回行われ、
 このうち黒竜江省が580回で全体の76%を占めたと分析
 野焼きは大気汚染の一因とされており、
 「今回の汚染は東北部の黒竜江省からもたらされた」と発表した

 これに対し、黒竜江省環境観測センターの責任者は
 「汚染物が1600キロも離れた華東地域まで流れるというのは科学的根拠に乏しい」と反論
 各地域の暖房や工場の排出状況、気象条件を総合分析すべきだと主張
 同省は野焼きの取り締まりに力を入れ、市民による通報制度も設けている

 インターネット上では
 「大気汚染を他地域のせいにするな」「責任をたらい回ししてどうするの」
 といった書き込みが見られたという

 




中国、雇用が上昇=新規事業も回復基調 [アジア関連]

11月3日 北京 ロイター
財新/マークイットが発表した10月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は52.4で、
前月の52.0から上昇し、6月以来、4カ月ぶりの高水準
新規事業の回復が雇用の拡大につながった

製造業とサービス部門をあわせた総合PMIは51.4から52.9に上昇し、3年超ぶり高水準
エコノミストは、政府の継続的な政策が企業の景況感を支えていると指摘

10月のサービス部門PMIは、
先に中国国家統計局が発表した製造業および非製造業PMIと同様、
中国経済が安定感を増していることを示している

PMIの構成項目は、サービスを提供する価格を除くすべてが前月から改善
新規事業は6月以降で最も高い伸びを記録
一部企業は、市場環境の改善に伴う需要回復を挙げた

景況拡大と悪化の節目である50を4カ月にわたり下回っていた受注残も、
節目を越え、受注の増加に生産が追いつかないと指摘する企業もあるという

雇用は2カ月連続で拡大し、1月以来の高水準
事業の見通しも前月から改善したが、6カ月ぶり高水準だった8月は若干下回った

価格は、競争激化の影響が出ており、
大半の企業がコストのごく一部しか転嫁できていないと回答したという


( ^^) _旦~~

 なんだかんだと言っても・・・
 中国は頑張っているのですね~

 食品・・・中国とあると、どうも避けてしまうのですが
 今時の中国はどうなんでしょ? やっぱり危険???
 
 うなぎのエサ事情なんて・・・記事を見たら・・・絶対に食べられない
 事実がどうかなんて、日本にいて確かめようがないーー;
 
 中国は報道を規制しないで、もっともっと開いた政治をするべきだと思うわ~

フィリピン刑務所◆流入麻薬は北朝鮮・中国製◆ [アジア関連]

フィリピン紙によると、
同国の刑務所内で出回っている覚せい剤の相当部分が北朝鮮製だという
であれば、暴力的な麻薬対策を推し進めるドゥテルテ大統領が、
北朝鮮の金正恩政権に対して何らかのアクションを起こす可能性があるのか?

フィリピン下院で行われた聴聞会で、
刑務所内で出回っている覚せい剤の相当部分が北朝鮮製との証言が飛び出したと
フィリピン・インクワイアラー紙が報じている

マニラ郊外のニュービリビッド刑務所で覚せい剤の密売を行っていた
ジェイビー・クリスチャン氏が、フィリピン下院で開かれた聴聞会で証言台に立ったのは
今月10日のことだ

◆北では「覚せい剤ダイエット」も◆

 クリスチャン氏は、
 覚せい剤(フィリピンでもシャブと呼ばれる)は中国と北朝鮮から来たものだと証言した
 米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)は北朝鮮製の割合が6~7割を占めると報じている

 同氏によると、刑務所内の中国系の覚せい剤密売組織は、
 外部の中国系の組織と手を組み、携帯電話を使って外部との連絡や送金を自由に行い、
 大々的な密売を行っていた
 また、覚せい剤を内部に持ち込むために、矯正局の職員に毎週10万ペソ(約21万円)の
 ワイロを渡し、警報装置の電源を切らせていたという

 刑務所内には薬物やギャンブルで得られた5000万から1億ペソ
 (約1億600万円~2億1300万円)が常に蓄えられている状態だったが、
 同氏はそのうちの200万ペソ(約427万円)を現職上院議員のレイラ・デ・リマ氏に
 手渡したと証言し、大スキャンダルへと発展している

 周知の通り、フィリピンのドゥテルテ大統領は高い支持率を得て、
 暴力的な麻薬対策を進めている

 その一方、北朝鮮においても覚せい剤の密造・密売は重罪だ
 海外のドラマ映画をこっそり視聴した「罪」と並んで公開処刑にされる数が多いのも、
 薬物事犯である

 ドゥテルテ氏も「麻薬中毒者など私も喜んで殺す」と宣言、
 就任100日の間に容疑者段階で警官に殺害された者は1300人以上、
 自警団による処刑や麻薬組織内の抗争によるとみられる死者は2000人を超えていうるという

 もっとも、北朝鮮はかつて、外貨稼ぎのための国策として覚せい剤を製造し、
 日本や中国に密輸してきた過去がある
 この点で、正恩氏とドゥテルテ氏の立場は異なる
 
 

 






朴槿恵大統領とセマウム奉仕団 [アジア関連]

遡ること、40年以上
はじまりは1974年、文世光事件とも呼ばれる、朴大統領の母親である陸英修氏の暗殺事件

ちなみに時の大統領は朴大統領の父親である朴正熙
要はファーストレディーの暗殺事件である



 ◆母を失った失意の朴槿恵に接近した男◆ ・・・・遡ること、40年以上前・・・

母親を失い悲しみにくれる朴槿恵、
そこに現れたのが、崔順実氏の父親である崔太敏(チェ・テミン)氏だ

母親の想いを伝えに来たと朴槿恵に接近し、心の隙を突くようにいつしか彼女の隣に居座った
この崔太敏氏は1975年4月に大韓救国宣教団を創設し、自身が総裁になり、
朴槿恵を名誉総裁に据える
その後、1979年には組織を「セマウム奉仕団」に改称し、
各地域は勿論のこと大学や企業内にも支部などを開設し急速に組織を拡大させる

この「セマウム(新しい心)奉仕団」は
表向きには国民の精神教育やボランティア活動などを行っていたが、
水産物市場の運営権に食い込むなど各種の利権にも手を出し、
その運営基金を大企業の総帥や役員から拠出させた

この「セマウム奉仕団」の「大学総連合会」の会長こそが、崔太敏氏の娘でもあり、
朴大統領が機密文書を漏洩させていた崔順実氏である

ちなみにこの間、崔太敏氏は「永生教」という新興宗教を立ち上げ、教祖にもなっている

娘に接近する崔太敏氏に不穏な空気を感じた朴正熙大統領は、
当時の大統領秘書官であった鮮于連(ソヌ・リョン)を通じ、
崔太敏の排除を命じるものの、朴槿恵の懇願もあり曖昧に事を済ませてしまう

当時KCIA(韓国中央情報局)の部長であった金載圭(キム・ジェギュ)が、
この件について徹底した対応を大統領に進言するが受け入れられず、
このことが、1979年に金載圭が起こした朴正熙大統領暗殺事件の動機の一つであると語っている

朴正熙大統領が暗殺されたあと、朴槿恵は暫くの間、表舞台から姿を消す

朴大統領の言葉によれば、この間も崔順実氏は自身を支えてくれたという
1997年にハンナラ党への入党を機に、再び表舞台に現れた朴槿恵は、
2004年には国会議員に選出される
その時の秘書室長が崔順実氏の夫である鄭允会(チョン・ユネ)氏
以後、崔氏と鄭氏は朴槿恵の側近として彼女の活動をサポートする
ちなみに崔太敏氏は1994年に亡くなっている


話は脇道に逸れるが、産経新聞ソウル支局長が、セウォル号事故の際に
朴槿恵大統領が7時間に渡り男性と密会をしていたとコラムに書き
名誉棄損の罪で逮捕された事件があったが、その相手こそが、崔氏の夫―鄭允会氏である


◆朴槿恵と崔氏の40年にもおよぶ闇の密月関係◆

=崔順実夫婦(2014年に離婚)と朴槿恵大統領に関わる「疑惑」=

・崔順実氏が実質会長を務める「ミル財団・Kスポーツ財団」に大統領権限を行使し
多額の寄付金を集めている

・朴槿恵大統領が決めた人事に関わっている
少なくとも現在「青瓦台の権力3人組」と呼ばれている李在万補佐官ほか2名は、
朴大統領が国会議員だったころに崔氏夫婦が推薦している

・崔氏の娘である鄭ユラ氏の、
梨花女子大(韓国の名門女子大)への不正入学及び進級操作に関わっている

その他、外交や国税、資金集めに関わる様々な憶測が疑惑として報道されており、
韓国の報道では「青瓦台の権力順位は、

 1位 崔順実、2位 鄭允会、3位 朴槿恵」とまで揶揄されている


現在、崔順実氏は娘らとドイツで暮らしており、
韓国「世界日報」の単独インタビューによれば、
大統領の演説原稿に手を加えたことは認めているが、それ以外は疑惑を全面的に否認している

また帰国し説明するとしているものの、
今は飛行機に乗れないほど衰弱していると涙ながらに語っている

母親の暗殺から始まった、一国の大統領と、ある種新興宗教との密接な関係
40年にも渡る光と闇


JTBCが報じた大統領の『秘線』疑惑
国民の怒りの矛先はどこへ向かうのか
大統領の謝罪は国民の心に届くのか

朴槿恵朴槿恵友人の財団私物化疑惑と妹の詐欺罪告発 [アジア関連]

10月26日午前、
韓国大統領府が設立に関与した疑いのある2財団を朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人の
崔順実(チェ・スンシル)氏が私物化し資金を流用した疑惑をめぐり、ソウル中央地検は、
崔氏の自宅や両財団などを一斉に家宅捜索した

捜索を受けたのは「ミル財団」と「Kスポーツ財団」で、いずれも昨年10月以降に設立され、
崔氏の側近が理事長に就任しているらしい

財団設立には大統領府高官が関与し、
全国経済人連合会(全経連)に資金集めを指示したとの会社役員の証言が、
すでに国会で公表されている
資金の総額は約770億ウォン(約70億円)にも上り、
サムスン電子など韓国トップの財閥系企業も多く出資したという
検察は全経連も家宅捜索した

さらに、企業から寄せられた財団への資金を、
崔氏所有の企業に出資させるよう要請した疑いもあり、
大半の韓国メディアは財団が事実上、崔氏によって運営されていたと報じていた

朴大統領と40年来の仲で、
「朴政権の陰の実力者」とまで呼ばれる崔氏の捜査をめぐっては、捜査の難航が予想されていた
朴氏は25日、崔氏に内部文書を渡したことを事実上認め、国民に謝罪
これを受け、捜査を進めていた検察は家宅捜索に入ったかたち


 <大統領側近不正疑惑> 

 大統領の演説文を事前に知らせていた

朴槿恵(パク・クネ)大統領の「秘線」という疑惑を受けているチェ・スンシル氏
JTBCが24日に報じたところによると、
このチェ・スンシル氏に対して、朴大統領の演説文があらかじめ伝達されていたと、
いうことらしい

JTBCがチェ氏所有のパソコンに保存されたコンピューターファイル200件ほど入手して
分析した結果、朴大統領の演説文または公式発言形態のファイルは計44件だったという

特にJTBCは「該当文書ファイルを開いた時点が大統領が実際の発言した時より
3日も前のものもあった」とし「大統領の演説が事前に青瓦台(チョンワデ、大統領府)内部でも
共有されない点を勘案すると、該当の演説文が青瓦台とは関係がないチェ氏に伝えられたことは、
『秘線』という批判と関連して大きな波紋を呼ぶだろう」と伝えた

チェ氏の個人の会社として知られる「ザ・ブルーK」の代表取締役を務めた最側近の
コ・ヨンテ氏とイ・ソンハン前ミル財団事務総長は19日、
JTBCのインタビューで「チェ氏が特に得意なのが大統領の演説文を修正すること」と話した
これに関し李元鐘(イ・ウォンジョン)大統領秘書室長は21日
国会運営委の国政監査で「正常な人なら信じることができるだろうか
封建時代にもありえない話」とし、このような主張を否認した

しかしJTBCの報道によると、
朴大統領が2014年にドイツを訪問して対北朝鮮関係ロードマップで発表した
「ドレスデン演説文」の場合、実際の演説は3月28日午後6時40分(日本時間)だったが、
チェ氏のパソコンに保存された演説文ファイルは伝達された時点が3月27日午後7時20分だった

また、2013年5月18日午前10時にあった「第33周年5・18民主化運動記念演説」も
前日の5月17日午前11時5分に伝えられていたことが分かった
JTBCは「チェ氏に送られた演説文はチェ氏を経た後に内容が変わることがほとんどだった」と明らかにした

演説文だけでなく2013年7月23日午前10時にあった第32回国務会議の朴大統領の
冒頭発言文書も会議2時間前の午前8時12分にチェ氏のパソコンに保存された
特に朴大統領は同年8月5日に許泰烈(ホ・テヨル)大統領秘書室長をはじめとする秘書陣の
一部を電撃交代したが、すでに8月4日午後6時27分にチェ氏に伝えられた
「第34回国務会議大統領冒頭発言」文書には秘書陣交代の事実が書かれていた
第34回国務会議が実際に開かれたのは8月6日だった

JTBCは文書を作成した人物のメールIDを分析した結果、
「青瓦台の大統領最側近の参謀だった」と報じた
JTBCは「チェ氏は朴大統領が大統領選候補だった時期から各種内部文書の報告を
事前に受けていたことが確認された」とし
「大統領選候補の遊説文や当選者の所感文まで発表前にチェ氏に渡っていた」と伝えた

中央日報はJTBCの報道に関連して青瓦台側の釈明を受けようとしたが、連絡がつかなかった


<青瓦台特別監察>

朴槿恵大統領の妹を詐欺罪で告発…検察が捜査に着手

李碩洙(イ・ソクス)特別監察官が
朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹の朴槿令(パク・クンリョン)元育英財団理事長を詐欺の疑いで告発した

ソウル中央地検は23日、記者団に公式文字メッセージを通じて、
「特別監察官が1カ月前に検察に告発した事件がある」とし「朴槿令元理事長に関して告発した
事件であり適用法条は詐欺」と明らかにした
また「さらなる内容は確認するのが難しいという点を了解してほしい」とし
「この事件は刑事8部に割り振られている」と述べた

検察などによると、李特別監察官は先月、金秀南(キム・スナム)検察総長に
朴槿令元理事長を詐欺容疑で告発した
現行特別監察官法によると、監察対象者は大統領の配偶者および4親等内の親族と
大統領秘書室の首席秘書官以上の公務員と規定されている

これに先立ち李特別監察官は18日、
禹柄宇(ウ・ビョンウ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情首席秘書官に対し
職権乱用および横領などの疑いで最高検察庁に捜査依頼した
捜査当局の関係者は「詐欺容疑に関する情報提供が入り、
特別監察官が監察を通じて捜査を依頼したと把握している」と述べた












米国務省、フィリピン大統領に説明求める方針「決別」の意味 [アジア関連]

フィリピンのドゥテルテ大統領が訪問先の中国で、「米国と決別する」などと発言したことについて、
米国務省のカービー報道官は20日の記者会見で
「米国とフィリピンが築いてきた友好関係と合致しない」と不快感を示し、
フィリピン側に「ドゥテルテ氏の真意について説明を求める」と述べた


人数の経済使節団を連れて訪中しているドゥテルテ大統領は20日、
北京で経済関係者の会合に出席し、「米国との決別を宣言する

軍事において、社会面では違うかもしれないが、経済においても、米国は敗北した」と述べた

「皆さんの思想的な流れに自分を同調させた
ロシアも訪れプーチン(大統領)とも会談するかもしれない
そこで我々3カ国対世界、中国とフィリピンとロシア対世界なのだと告げるかもしれない
それしか方法はない」とドゥテルテ氏はフィリピンと中国の経済界関係者を前に表明した

カービー米国務省報道官は、米政府は両国の「親密な関係」と矛盾する
「この物言いに当惑」していると述べ、
今週末22~25日の日程でマニラ入りするラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が
フィリピン政府に対し、ドゥトルテ大統領の発言について説明を受ける機会になるとの見方を示す

この訪問は数ヶ月前から計画されていたもので
「米国からの決別と大統領が述べた時に、
何を意味していたのか、正確な説明を求めていく」と報道官は述べた

ドゥテルテ大統領はこれまでも、オバマ米大統領を罵倒したり、
米比合同演習の中止を宣言したりしたほか、フィリピンに米軍を増派すると合意した2年前の
防衛協力強化協定を見直すなどと発言している

一方で、フィリピンのロペス貿易産業相は17日、BBCに対して、
米国との貿易投資関係を終わらせるつもりはないと言明
大統領と共に北京を訪れているロペス氏は、
「欧米との関係は維持するが、過剰な依存は減らすかなくしていくつもりだ」と述べていた

南シナ海の領有権をめぐりハーグの常設仲裁裁判所が今年7月に中国の領有権の主張には
法的根拠がないとの判断を示し、中国が判決受入れを拒否したことなどを機に、
中国とフィリピンの関係は悪化し続けていたが、20日の中比首脳会談で両国は対話を通じ
「摩擦を適切に処理する」と合意した

ドゥテルテ氏は大統領選の間は中国政府を激しく罵倒していたが、
6月に就任して以降は攻撃的な調子を弱め、むしろ米国への対決姿勢を強めてきた

大統領率いる使節団は、
フィリピンへの観光促進やフィリピン農産物の輸入拡大などを働きかけるために中国を訪れている
ロペス貿易産業相によると、135億ドル(約1兆4000億円)相当の通商協定に署名する予定

ドゥテルテ大統領はほかに、フィリピン軍の装備刷新のため、
武器や艦艇の購入を中国に持ちかけるつもりだと述べていた

オバマ政権はアジア重視戦略「リバランス」を揚げ、フィリピンの同盟関係強化を進めてきたが、
ドゥトルテ大統領の姿勢に危機感を強めている

カービー氏はフィリピンと関係強化を続けるオバマ政権の方針に「変わりはない」と強調
ただドゥテルテ氏の発言には「米国だけでなく、地域の多くの友好国やパートナー国も戸惑っている」と指摘した

また、南シナ海問題を巡り対立した中国とフィリピンが関係を改善するのは「地域の安定につながり、
米国は歓迎している」と述べた

ラッセル氏はフィリピン訪問後の25~26日にタイに滞在し、27日にはカンボジアを訪れる予定







ドゥトルテ大統領米国に「決別」発言 [アジア関連]

フィリピンのドゥトルテ大統領が20日、またまた問題発言です
こともあろうに、米国との「決別」宣言

訪問中の中国で、米国と「決別」すると表明したというではありませんか!
一体中国で何を言われたのか、
張高麗副首相が出席して北京の人民大会堂で行われたビジネスフォーラムでの発言だとか・・・


チャンネル・ニューアジアによると>

フィリピンのドゥトルテ大統領は自国は米国と決別すべきとの考えを示し、
その際、オバマ大統領に対して再び侮辱的発言を行ったという

「私の国に滞在したことは全部あんたがたのいいように使われた、ということは友よ、決別の時だ。」
ドゥテルテ大統領は訪問先の中国で米国に対してこうした声明を表している

この際ドゥテルテ大統領はオバマ大統領をふたたび「売春婦の息子」と罵倒し、
「また侮辱されるだけだ」と言い放って今後一切訪米はしないと宣言した

しばらくしてドゥテルテ大統領はフィリピンとしては現行の軍事同盟を脱退し、
新たな統合体を創設する意向にはないと指摘している

フィリピン大統領は、日本訪問後にロシア訪問の可能性を除外しないと述べている
これは西側諸国が伝えているわけだが・・・

大統領の日本訪問は 10月25日から27日の予定となっている

なんとも不気味な人物だ

ホンダが中国湖北省に新工場、早ければ年内着工 [アジア関連]

18日、ホンダ(7267.T)が中国の湖北省武漢市に計画していた乗用車の新工場建設の着工を検討
早ければ年内にも着工し、2019年の稼働を目指すことを表明

生産能力は年12万台で立ち上げ、需要動向を見極めながら年24万台まで引き上げる見込み
複数の関係筋が明らかにしている

同社は当初、昨年中に新工場を着工する予定だったが、
中国の景気減速を受けて新車販売が伸び悩んでいたため見送っていた

中国政府による小型車を対象とした減税の効果で新車販売が好調なことを受け、生産能力増強に踏み切る

新工場はホンダと東風汽車集団(0489.HK)の合弁会社である東風ホンダが建設し、
中国当局による最終審査の許可が下り次第、着手する予定

東風ホンダでは既に2工場が稼働しており、新工場は3カ所目となる
ホンダは現地企業との合弁で、中国での完成車工場を広東省広州市にも3カ所持っている



海上保安庁が新巡視船建造、対中国漁船 [アジア関連]

海上保安庁によりますと・・・
平成24年に政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化して以降、
沖合の日本の領海に中国などの漁船が入り違法に操業するケースが増加傾向にある!

違法操業の漁船の数は、ことしは先月末の時点で135隻・・・<いつの時点のことなんだろう?

去年1年間の99隻をすでに上回り、中国の漁船が7割余りを占めているという

このため海上保安庁は、おととしからこうした漁船に対応するための巡視船3隻の建造を進め、
このうち最初の1隻が来月、完成する予定だという

これまでの取締りでは、漁船と接触して巡視船の船体にへこみができたり穴が空いたりすることが
あったため、新しい巡視船は船体の周囲に緩衝材を取りつけて衝撃を吸収できる構造にしているとか


<ここからは8月にかかれたものを引用>
中国公船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に頻繁に侵入している事態などに対応するため、
海上保安庁が平成28年度第2次補正予算案に計上した新造大型巡視船3隻のうち1隻が
同庁最大級の巡視船となることが24日、分かった          

通常の予算も含めた総額は約674億円で、補正予算として過去最大となる

同庁によると、尖閣諸島を含む日本周辺の離島・遠方海域の治安維持にあたる大型巡視船3隻を新造
これに計390億円を計上した

このうちヘリ搭載型1隻は全長約150メートル、総トン数6500トンで、
同庁最大級の「しきしま」「あきつしま」と同型
31年度末までに配備する予定

尖閣周辺では今月上旬(8月)、200隻以上の中国漁船が接続水域を航行し、
中国公船の領海侵入なども相次いだ
海洋監視用ジェット機1機、漁船対応のための巡視船5隻も増強する



  日本・・・なにもしてないわけじゃないんだ
  だけど、中国がちゃんと、領海線とかルールを守ってくれていれば
  こんな多額な予算費用、使わなくってもいいのに (ー_ー)!!

  



前の10件 | - アジア関連 ブログトップ