So-net無料ブログ作成

シャンゼリゼ通りの銃撃、ISが犯行声明 [IS関連]

2017年4月20日午後9時、(日本時間21日午前4時ごろ)
フランス首都パリ(Paris)の中心部シャンゼリゼ(Champs Elysees)通りで発砲事件が発生

銃撃犯(39歳のフランス人)は自動小銃を発砲し、警察官1人を殺害
他にも警察官2人が負傷し、外国人観光客の女性1人が膝に銃弾の破片が刺さって負傷したもよう

警察筋がAFPに語ったところによると、
銃撃犯は現場から徒歩で立ち去ろうとしたところを射殺されたという

フランス大統領選の3日前に発生した今回の銃撃について、
イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が傘下の通信社を通じて犯行声明を出している


仏検察の対テロ部門が捜査の開始を発表

フランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領は、
事件は「テロの性質」を帯びたものである疑いがあると述べ、
23日に行われる大統領選第1回投票に先立つ向こう2日間に「厳戒態勢」を敷くと約束
さらに、死亡した警官に対する弔意を表するとともに、負傷した2人に見舞いの言葉をかけた

今回の大統領選挙は以前から、イスラム過激派の標的になる恐れが指摘されてきた
警察筋によると、銃撃犯の男は事件前、
警察殺害を企図している可能性があるとしてテロ捜査の対象となっていた
警察は事件後、パリ郊外にある銃撃犯の自宅を捜索した

ISは傘下の通信社アマック(Amaq)を通じた声明で
「パリ中心部シャンゼリゼでの攻撃の実行犯は、ベルギー人のアブ・ユセフ(Abu Yussef)で、
IS戦闘員の一人だ」と主張している

同国南部マルセイユ(Marseille)では2日前の18日、
選挙妨害を狙った襲撃を計画していた疑いで男2人(フランス生まれのイスラム教徒)が逮捕され、
武器と爆発物が押収されたばかりだったという

一方、訪米中のイタリアのパオロ・ジェンティローに首相と共同会見を開いていた
ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は事件を受けフランス国民に哀悼の意を表明

 「再び、再び起きてしまったようだ。私も行ったことがあるところだ。
 恐ろしい。今の世界でこんなことが起きるなんて、とても、とても恐ろしい。
 テロ攻撃のようだ。何と言えばいいのか。きりがない。
 我々は強くならなければならないし、用心深くならなければならない。
 私がずっと言ってきたことだ」と


普段は観光客と地元住民でにぎわう有名なショッピング街のシャンゼリゼは
パリ警察とフランス軍によって封鎖され、周辺の地下鉄駅も閉鎖


( ・・) _旦~~

 「世界で最も美しい通り」と称されるシャンゼリゼ通りで起きた今回のテロ事件
 選挙結果を左右しかねないと現地メディアが伝え始めているとのこと

 なにが悲しいって、
 自国民によるテロというのが、一番腹立たしく、そして哀しい
 イスラム教徒へ傾倒していくにはそれなりの背景があるのでしょうけれど
 それにしても、なんで??って思う
 日本にも以前お馬鹿さんがいたけれど
 どこぞの大学生でしたか?
 興味本位で誘いにのってって、思ったけれど
 命の重みとか、善悪とか
 今のご時世なにかが狂ってる
 それとも私がそう思い込んでるだけで、知らないだけで
 現実なんてそんなもん・・・なのかしら?

 テロの脅威は以前続いている
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース