So-net無料ブログ作成
検索選択

パナ・米ディズニー2社にプロジェクター(映像分野)提携 [社会・経済‥二ュース]

2017年1月4日(米現地時間)
パナソニックが米国の娯楽・メディア大手のウォルト・ディズニー社と映像分野で提携したと発表

 <ウォルト・ディズニーグループのテーマパーク部門である
  米ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツと提携>


技術力のある日本の大手電機と
映像作品に強いディズニー社が組むことで、テーマパークで新たなイベントをめざす

多数のプロジェクターを一体的に運用することで、迫力ある映像を楽しめるイベントが、考えられる

具体的には、建物などにアニメなどを投影する「プロジェクションマッピング」の技術で協力

パナソニック製のプロジェクターは2016年末から10年間にわたり
ディズニー社の米フロリダ州とカリフォルニア州のテーマパークに供給
「オフィシャル・テクノロジー(公式技術)」となる

パナソニックはエンターテインメント関連ビジネスを収益の柱に据える

米ラスベガスで5日に開幕する家電見本市「CES」に先立って開いた記者会見で発表
パナソニックはディズニーに対し、これまでも一部のアトラクション向けに商品を販売していた
提携関係を結ぶことでさらに大規模な納入が可能になり
現段階で数百台規模の供給を見込む

パナソニックのプロジェクターは高精細かつ他社に比べ小型なのが特徴だという
5000ルーメン以上の高輝度プロジェクターでは世界シェアトップに立つ
リオデジャネイロ五輪の開会式の映像演出などでも採用実績がある

パナソニックはBtoB(企業間取引)の強化策のひとつにエンタメ業界向けの販売拡大を据える
プロジェクターや大型モニター、撮影機器を核に
設置や運営支援のサービスまで事業を広げる考え

エンタメ業界向けの2018年度の売上高を、15年度比2割増の3000億円に引き上げる目標を掲げる


 ( ^^) _旦~~
 東京ディズニーランド 何年前に行ったかなぁ~
 楽しいよね あっという間に時間が過ぎて
 アトラクションのために 長蛇の列 待ち時間が長くってね~(^^;
 
 うちは母子家庭だったから、なかなか行けなかったというか、行く機会がなくって
 友達に来年になったら料金上がるでしょ!(子どもの)
 今年行くよ!!と半ば無理やり連れて行かれたのを思い出す(笑)

 大阪ユニバーサルはまだ行ったことないけれど
 子どもは友達とその家族と一緒に
 今日、2度め・・・遊びに行ってる(羨ましい)
 
 現実から乖離したあの夢の世界は 子どもから大人まで楽しめる(#^^#)♡

 パナソニックがディズニーと提携 そう聞いて 「凄い!」というのが第一印象
 で、何を提携するんだろう?? 大丈夫なんだろうか?? というのが次の印象
 なんか日本の家電メーカーに、なんだか良いイメージが持てない^^;

 でも、オリンピックとかで実績があり、
 今までもディズニーに商品を販売してきた実績があるのなら、大丈夫か( ^^)
 そう聞いて、安心納得しました~
 頑張ってください

 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: