So-net無料ブログ作成
検索選択

「カジノ解禁法案」6時間のスピード採決 [社会・経済‥二ュース]

2016年12月2日、
日本でカジノの合法化を目指す「カジノ解禁法案」が、
自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された

自民党は1日、衆院内閣委員会の理事懇談会で、カジノを含む
「統合型リゾート施設(IR)」整備推進法案(カジノ解禁法案)について
2日の採決を提案

委員会審議が6時間あまりにとどまる中、2日に採決され、
自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された

これまで賭博にあたるとして禁止されていたカジノを解禁する法案のスピード採決には、
野党の反発だけでなく、与党の公明党も対応が分かれた

カジノ解禁法案は民進・共産両党が採決に反対する中、
自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された

党内に根強い慎重論を抱える公明党は、
賛否を個々の議員の判断に委ねるという与党として異例の対応をとった
その結果、3人の委員のうち1人が賛成、2人が反対した

法案は週明け6日火曜日の本会議で衆議院を通過する見通し


 ■審議時間は短いけれども法案には不安はないのか?

 2日の質疑でも民進・共産両党はギャンブル依存症の拡大など
 懸念がふっしょくされていないと訴えた

 共産・池内沙織議員「カジノ解禁が何をもたらすか
 暴力団関係の、この関係者の関与、マネーロンダリング(=資金洗浄)、
 周辺地域の治安の悪化、ギャンブル依存症の多発、青少年への悪影響など、
 まさに社会悪そのものです。提案者もこのリスクの発生を否定することはできませんでした」

 一方、自民党などはカジノによって
 「観光や地域経済の振興につながり財政状況の改善にも資する」と説明している
 ただ、地域経済が本当に活性化するのか
 健全な社会が維持されるのか
 議論はほとんど行われていない
 参議院で徹底した審議ができるかどうかに国会の存在意義が問われることになる


時間というスピード採決の裏側で・・・
2020年に開催が決まった東京オリンピックが見え隠れ

つまり、2020年に来日するであろう多くの海外観光客に、
新しい文化スタイルとして認識してもらいましょう・・・みたいな大人の事情でしょうか


  ( ^^) _旦~~
   早く言えば、経済効果への期待感

   でも、結局はギャンブル=賭博
   ギャンブルに合法、非合法があるのか否か、
   ギャンブルをどう捉えるかで違うのでしょうけれど・・・

   取り憑かれたら・・・なんでも同じ
   自分を見失ったら、おしまい

   そういう場所、機会が増加する=依存=破滅 みたいな悪いイメージ

   そういった人が増加したら・・・社会はより酷くなるし
   どんどんと遊んで(すさんで)いくに違いない

   自分を保てるなら・・・楽しめるのかもしれない

   ああいうカジノというところ
   最終的に誰が一番得をするのだろうか?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: