So-net無料ブログ作成
検索選択

「休眠預金法」が成立 [社会・経済・ニュース]

2016年12月2日、
参院本会議で与党などの賛成多数で、「休眠預金法」が可決・成立した

金融機関の口座で10年以上放置されている「休眠預金」を民間公益活動の財源として
利用できるようにする議員立法の法律だ

忘れ去られたお金」のうち、
毎年500億~600億円が子どもの貧困対策や若者支援、
福祉、地域活性化などに活用されることになる

公布後1年半以内に全面施行される
全面施行から1年経過後に発生した休眠預金が対象となるため、
実際に現場で活動する団体にお金が届くのは数年後になる見通しとのこと
預金者は施行後も請求すれば払い戻しを受けることができる

この法律では、銀行口座の休眠預金を預金保険機構に移管した上で、
中立的な「指定活用団体」に交付
そこから地域の事情に詳しい財団などの「資金分配団体」を通じて、
実際に公益活動をするNPO法人など各種団体に助成や貸し付けを実施する

内閣府は、
新たに設置する審議会の答申を受けて休眠預金活用の基本方針を策定し、
指定活用団体の業務運営を監督する
休眠預金を活用する団体は公募で選ばれるが、
不正利用の防止など使途の透明性確保が課題になりそうだ


 ( ・・) _旦~~
  休眠預金法・・・
  いわゆる休眠預金法が成立すると、
  10年以上出入金のない「休眠預金」は、NPO法人などに回される

  報道で一部、こう伝えられ、
  ネット上で「預金が没収されるのか」と不安の声が相次いでいるらしい

  金融庁では、実際はそういうことではないと説明している

  金融庁調査室によると、
  銀行などの金融機関では、毎年1000億円ほどの休眠預金が発生し、
  その後の払い戻しを除くと、500~600億円が銀行などの利益になっている
  
  NPO法人などからは、自らの社会貢献活動にこのお金を活用することを求める声が出ており、
  議員立法による法案も国会に提出されていた

  可決成立したことで、NPO法人などに助成・融資され、民間の公益活動に活用される


  お金持ち~な、2ちゃんではちょっとしたスレッド祭り(。゚ω゚) ハッ!
  10年放置しただけで自分の預金が没収されるのはおかしいという疑問や批判

  「ええっ!俺3つの銀行に1000万以上の口座あるけど全然、入出してないぞ」
  「よく考えたら、郵便貯金も記憶が無いぐらい入出金してねーわwヤバ」
  「怖い怖い 耐火金庫買うしかないな 10年ごときで没収とかびっくり」

    羨ましい限りです (*´・ω・)(・ω・`*)ネー

  どんな支出に使うのかよく分からないNPO法人などにお金を回すのはよくないとの
  声も出ている

  金融庁「何年経っても払い戻しされる」

 現行の制度では、10年以上入出金がなく、連絡も取れない預金口座について、
 郵送による通知を行って預金者の確認が取れなかった場合は銀行などの利益に計上される

 その後も、預金者の求めがあれば何年経過しても銀行などが払い戻しに応じているが、
 今回の法案でも、同様に払い戻しされると調査室では言う

 
休眠預金は、国などが出資する預金保険機構にいったん移し、
「新設する「指定活用団体」がNPOなどへの配分方法を定める
 
 夜に家族と一緒に食事ができない子ども向けの食堂の運営や、
 豪雪地帯での高齢者世帯の雪下ろしなど、
 行政では行き届かない地域の実情にあった活動への支援を想定している 

 2018年半ばまでに施行され、19年にも実際の活用が始まる
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: